FacebookTwitterGoogle+PinterestTumblrEmail

 

ついにDIYキャットウォークが完成しました

いろんな方の実例をwebで眺めてイメージをしはじめてから約2ヶ月。昨夜取り付けを行ったのですが、、思っていたより、とってもスムーズでした。

今日明日で前後編に分けて紹介していきます。

———————————–
<前編>
はじめに
1. 設計図を描く
2. 材を用意する
3. 取り付け具を用意する
<後編>
4. いざ、取り付ける
おわりに&改善点
———————————–

 

はじめに

この部屋はもともと四畳半の和室でした。以前からリノベは考えていたのですが、トムが来て、キャットウォークを設置するという構想が固まりました。

まず、壁と天井を白いペンキで塗りました。その様子はこちらをご覧ください。

 

1. 設計図を描く

DIY catwalk

ちょっと雑ですが笑。壁の採寸をしながら、どのくらいのサイズのステップだったらトムが歩いたり、座ったりできそうかをイメージしました。

実は1カ所、想定外があったのですが、それは最後の「改善点」に記します。

 

2. 材を用意する

DIY catwalk

もちろんホームセンターでも買えるのですが、今回はお友だちの木工職人さんから端材をゆずっていただきました。

その方は、秋田県能代出身の湊哲一(のりかず)さん。青葉台から車で15分ほど、里山や田畑など豊かな風景が広がる寺家というところに彼の工房、湊ファニチャーがあります。

湊ファニチャー

11月最後の日曜日、工房まで材をいただきに行きました。

ミナトファニチャー

たくさんの道具が所狭しと並ぶ工房。

tomdoro_1205-6

2階では、木工教室が行われていました。

 

今回いただいた材のサイズです。

9 x 15センチ 3枚
14 x 30センチ 1枚
20 x 30センチ 1枚

いずれも厚さは2.4センチ

湊哲一さん

湊さんはオーダーメイドで家具を作成したり、間伐材を利用したプロジェクトに携わるなど、日本の森林問題とも向き合っている若手職人さんです。

プロジェクトのひとつに、市場には出にくい、小さな端材を集めた木材パーツをDIYのキットとして提供している「KUMIKI Project」があります。

今回、間伐材の端材を分けて頂けないか相談したところ、二つ返事でOKをいただけました。ちょうど、KUMIKI ProjectでもCat Walkを開発しようとしていたのだそうです。ナイスタイミング

ありがとうにぇ

 

3. 取り付け具を用意する

棚受金具

ホームセンターで購入しました。各板に2つずつ、それぞれの金具に釘もセットになっています。ちなみに「棚受金具」というそうです。

それと、はじめて電動ドリルを購入しました。一番安いもので不安でしたが、全く問題なく使えましたよ。

 

さてと、今日はここまで。明日は<後編>取り付けからです

 

《おまけ》

tomdoro_1205-22

つかの間の平和と・・

tomdoro_1205

南向き角部屋の住猫

明日もお楽しみに〜 後編はこちら

 

 

巻末広告

女子服通販サイト・サルース(salus)

プチプラでかわいい冬のお洋服がい〜〜っぱい

 

 

FacebookTwitterGoogle+PinterestTumblrEmail